1. TOP
  2. 乾燥・肌荒れ
  3. 冬の保湿パックが冷たくて嫌という人のための裏ワザ

冬の保湿パックが冷たくて嫌という人のための裏ワザ

 2014/12/05 乾燥・肌荒れ 裏ワザ
この記事は約 4 分で読めます。 4,492 Views

保湿は美容の基本だから、年中保湿パックは欠かさないという方はいらっしゃるはず。でも冬のパックだけはどうしても辛いんですよね。冬のパックは、身体が震えてしまうほど冷たいですから・・・。

 

化粧水みたいに手で温めておくこともできないし、冷たいものは血行を悪くしちゃうし、どうしたらいいのー!

 

そんなお悩みをお抱えの方必見。寒い冬に冷たいパックで苦しまないでよくなる方法をご紹介いたします。

 

[illust_bubble subhead=”保湿パックで潤い防止!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]保湿パックはお肌の奥の方まで保湿成分を浸透させることで、ただ肌に塗るよりもより効果的に保湿効果を得ることができる素敵な美容法です。積極的に取り入れることで、乾燥しらずの潤い美人になりましょう!パックでなくとも、お気に入りの美容液をサランラップでパックするだけでも効果があります。[/illust_bubble]

寒い冬でも冷たさを感じずにパックを使う方法

[icon image=”point-b-r”]袋ごとパックを温めてから使う。

パックが空気に触れていると使う前に乾燥してしまうので、絶対に密閉された状態で入っているはず。

 

ということは、袋を開ける前であれば、水に濡らしても問題ないのです!なのでお湯につけたり、お風呂を沸かしたついでにパックを温めたりしておけば、温かいパックを使う事ができるのです。お風呂でなく足湯でも問題ありません。

 

お風呂を上がったあとはお肌が乾燥しがちですから、お風呂に入りながらパックを温めて、上がってからすぐ使うようにすると、とっても効率的ですよね。

 

冷たいパックは血行を悪くしてしまいますが、温かいパックはその逆で、血行をよくしてくれます。

 

そう考えると、冬のパックは絶対に温めるべき!といってもいいかもしれません。

[icon image=”point-b-r”]暖房器具で温める

コタツ、ストーブ、エアコンの効いた部屋。たとえストーブの目の前に置かなくても、室温程度には温めることができるので、それだけでも冷たいパックを使うよりずっと良いです。

 

常温にしておけば血行を悪くすることはないので、使うとわかっている分は、事前に温かい部屋においておくと良いでしょう。

[icon image=”point-b-r”]ドライヤーで温める。

お風呂をあがったら、まずはドライヤーで髪を乾かす方が多いはず。生乾きだと臭ってしまいますからね。

 

だから髪を乾かすついでにパックを温めてみてはいかがでしょうか?パックを肩に乗せながら髪を乾かすだけで、パックが冷たくなくなります。

 

またパックの乾燥が早くなるのでおススメはしませんが、パックをしながらドライヤーをかけることで、冷たさを軽減しつつ保湿するという方法でケアしてる方もいらっしゃるようです。

 

[illust_bubble subhead=”化粧水パックの場合は保湿を忘れずに!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”douzo-w1-l”]化粧水パックの場合は、パックでお肌に栄養を与えた後に、普段通りの保湿をしてあげる必要があります。勘違いしている人は多いですが、化粧水は保湿のためのものではなく、お肌に栄養を与えるもの。保湿成分が入っていても濃度が薄いので、美容のためには不十分です。終わった後に美容液で保湿するのをお忘れなく。[/illust_bubble]

\ SNSでシェアしよう! /

美しくなるスキンケアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美しくなるスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

cosme27124

この人が書いた記事  記事一覧

  • もうテカらない!顔の皮脂抑える方法

  • 50代におすすめの基礎化粧品と選び方

  • 意外と知らないリキッドクレンジングのメリット

  • おすすめのリップクリーム!簡単にプルプルの唇をGET!

関連記事

  • セラミド配合化粧品に騙されない方法

  • 爪をキレイに保つお手入れ方法

  • 使い終わったコーヒーの粉を美容に生かす方法

  • 角質培養の正しい方法

  • パックの効果を引き上げるためのたった3つのポイント

  • スキンケアをすると肌が赤くなるという人へ