よく聞くわりに意外と知らない。天然保湿因子とは?

化粧品の成分を見たり、美容系の本なんかを読むと天然保湿因子(てんねんほしついんし)という聞きなれない言葉を目にすると思います。

 

天然保湿因子は、NHF(Natural Moisuturizing Factor)と呼ばれることもある名前の通り保湿成分のひとつです。

 

『因子』というからには天然保湿因子の中にもいろいろな物があり、よく聞くものだと尿素やアミノ酸など天然保湿因子にあたります。

 お肌にある天然保湿因子

  • アミノ酸 40パーセント
  • ピロリドンカルボン酸(PCA) 12パーセント
  • 乳酸塩 12パーセント
  • 尿素 8%
  • その他 それ以外

じつはこれはお肌にもともと備わっている成分で、角質層の水分の20%くらいは、NHFで補われているのです。(ただし、残りの80%はほとんどセラミド)

peco1

天然保湿因子はお肌でどう作られる?
お肌では新しい細胞をつくるターンオーバーという動きがあり、一日中起こっています。天然保湿因子はこのときに角質と一緒に作られ、角質と角質の間を埋めるセメントのような役割をしています。これが角質と角質の間を埋めているからこそ、刺激物が肌の内部に入らないようにブロックできています。一緒にセラミドという強力な保湿成分も作られています。

ただ問題なのは、天然保湿因子の保湿力。この成分は、内部に湿気を保つことで保湿するのですが、セラミドなどのようにガッチリと挟み込むわけではないので、保湿成分でありながら乾燥に弱く、乾燥したところでは水と一緒に乾いてしまいます。

 

じめじめとした夏場なら、お肌を乾燥しないように保つことができるのですが、乾燥の酷い冬では、保湿成分だけで潤いを保つのは不可能です。

 

しかしこれでは保湿できていないので、保湿成分としては十分とはいえませんよね。

 

化粧水に使われることはありますが、それはサラっとしていて肌触りがいいからであって、やはり保湿を目的としたものではありません。

 

そんなわけで保湿化粧品などでは、天然保湿因子でなく、高い保湿力を持つ「セラミド」や「ヒアルロン酸」を使っているわけです。

 

天然保湿因子のメリットといったら、肌馴染みがいいということでしょう。たとえばかかとの角質を落とすときに、尿素を塗ると良いとよく言われますよね。

 

あれは天然保湿因子である尿素を角質に浸透させて、角質に潤いを与え柔らかくするために使っているのです。

まとめ:天然保湿因子は、空気中の湿気を吸収する保湿成分

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ