お肌を綺麗にするための睡眠の6つのコツ

ここ最近、日本のお仕事時間は長くなっていますが、

あなたはちゃんと眠れていますか?

 

ついつい夜更かししてしまう日もあるかもしれませんが、

ちゃんと寝ないと肌が荒れやすくなるし、ニキビやシミなどの治りも悪くなります><

peco1

それに肌が痛みやすくなるわけですから、当然老化も早くなってしまいますし、

実はお肌のキメも悪くなります。ファンデはどんどんノリが悪くなります・・・。

 

というわけで、そんなことにならないように、

お肌を綺麗にするための睡眠のコツをあなたにお伝えします!

 

そのまま実践することで、睡眠美人になっちゃいましょう!

 

毎日続けて習慣にしてしまえば、

美人寿命が延びることも間違いなしです^^!

最低でも6時間は寝る

お肌の細胞は、実は寝ているときしか回復しません。

 

起きている間は脳でほとんどの栄養が使われてしまうため、
お肌に上手く栄養が行き届かないのです><

 

そんなわけで、脳が寝ている間に細胞が回復するのです。
そして1回の回復には約6時間かかるため、6時間以上寝るのが理想的です。

細胞が十分に分列して新しくなるには、最低でも6時間かかります。ですので出来る限りお肌をキレイにしたいのであれば、最低でも6時間の睡眠を取るようにしましょう。
引用:睡眠不足でお肌の調子が悪くなるワケ

 

仕事が大変だったりするとどうしても夜中に遊びたくなりますが・・・
どうにかして我慢です><!共に頑張りましょう><

できるだけ決まった時間に眠る

毎晩決まった時間に寝ていると、お肌を回復する「成長ホルモン」
が分泌されやすくなります

 

「この時間になったら分泌するぞ!」ということを体が覚えてくれるわけです。
なので、できるだけ決まった時間に眠るようにしたいところ。

ところで、あなたは「ゴールデンタイム」という時間を聞いたことがありますか?
これは22~26時は肌が回復しやすいから寝ておいたほうが良い!というもので、

 

原始時代からの習性が人類に受け継がれているのっだ!ということで、
一応は有力な学説でそれが本当だと証明されているようです。

 

とはいえ、この時代にそんな時間に眠れる人はなかなかいないものです。

 

眠れてさえいればお肌はきちんと回復するので、
そんなに気にする必要はありません!

寝だめでお肌は回復しない

睡眠だと平日は働いて休日に寝だめ…なんてことができるかもしれませんが、
お肌に関してはそうはいきません!

 

一度の睡眠での回復には限界があるので、
「よし、今日はたくさん回復しちゃうぞ♪」
とはいかないのです><

 

忙しくてどうしても寝れないときもあるでしょうが、
睡眠不足によるお肌へのダメージは意外と深刻です。

 

毎日のケアが無駄にならないように、
できる限りしっかり眠るようにしたいですよね。

睡眠の質を上げてゆらぎにくい肌へ

お肌の生まれ変わりは「成長ホルモン」によって行われるわけですが、
これは睡眠の最初の3時間くらいで多く出てくるんです!

 

なので、この時間の睡眠の質を上げておくのも、
とっても大切
です。

 

あなたも一度は「ゴールデンタイム」っていう言葉を聞いたことがあると思いますが、
これは22時~26時に寝るのが一番いいよーというものです。

 

で、実はこれ、正しいということが有名な学説で証明されているようです。
なんでも人間の原始時代からの習慣だから、遺伝子レベルで体にいいんだとか・・・。

 

とはいえ、今の時代にこの時間に寝るのは難しいですから、
あんまり気にしないでいきましょう!

 

きちんと寝さえすれば、しっかりお肌は復活しますので。

では、最後に美しくなるための睡眠効率を上げる方法をいくつか見て行きましょう!
「これは!」と思ったものがあったら、一通り試してみてくださいね!

睡眠の質を上げる方法まとめ

 寝る前にテレビやスマホを見ない。
寝る前についテレビをみちゃったり、スマホで友達と話しちゃったりするもの。
ですが、これによって脳が活性化して、脳が眠りにつきにくくなるのです。

 

それだとせっかく眠っているのに、脳で栄養が使われてしまうせいで、
お肌にあまり届かないなんてことになりかねません。

 

現代人がついついやってしまう間違いです。
お肌のためにも、寝る前1時間くらいは画面を見ないように注意しましょう!

 寝るとき以外寝っころがらない
寝るとき以外に寝っころがらないようにすると、
寝っころがるだけで、脳に「眠る!」という命令が行くようになります。

 

そうすればすんなりと眠りにつけますし、
繰り返すたびに成長ホルモンも分泌されやすくなるので、
お肌の回復速度がどんどん上がってきます。

 

寝れば寝るほど、透明感を失いにくいお肌になっていくわけです。
ぐうたらできなくなるので、ダイエットにもいいかも!?

 部屋を暗くする
たまに電気をつけながら寝るっていう人がいるんですけど、
脳は光に反応してしまうので、電気がついていると眠りが浅くなります。

 

すると、やはり肌へ届く栄養が減ってしまうわけです。
また音に反応しないように、耳栓をするのも効果的です。

 好きな人の写真を見ない!
大好きな人の写真を見ると、
脳がハイテンションになって眠れなくなってしまいます。

 

見たいっていう気持ちを抑えきれないときもありますよね~><

 

でも、よく考えて!彼のことが好きならよりいっそうお肌の健康を気遣うべきです!
できるだけガッカリされないあなたでいるためにも、夜は僧侶になりきりましょう!

 

(その他のものでも、テンションが上がってしまうものは
できるだけ見ないようにしましょう^^)

良い睡眠は、とっても良いスキンケア

美容のために食事には気を使っているけど、
睡眠に気を使っているものは少ないです。

 

でも、実は睡眠のほうがお肌への影響が大きいんです;

もし1日栄養バランスを無視したご飯を食べても、
それほど体調が悪くなったりはしませんよね。

 

でも睡眠は、1日サボっただけでとっても大変です。
その影響はすぐに体調に現れてきます。

 

そんな簡単に体調に出てくるわけだから、
お肌への影響もとっても大きいです。

 

良いお肌でいるためにも、しっかりとした睡眠をとっておきたいですね!

 

お肌がキレイになるだけでなく、仕事は勉強の集中力UPにもつながります。
綺麗になるついでに「デキる女子」も目指しちゃいましょう!

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ  

2014年9月18日 お肌を綺麗にするための睡眠の6つのコツ はコメントを受け付けていません。 生活習慣