1. TOP
  2. 裏ワザ
  3. 寒い冬に化粧水を気持ちよく付ける裏ワザ

寒い冬に化粧水を気持ちよく付ける裏ワザ

 2014/12/07 裏ワザ
この記事は約 4 分で読めます。 554 Views

乾燥する冬だからこそ必要になる化粧水や美容液ですが、こういったものって、冬になると冷たくて少し不快なんですよね。

 

人によっては冷たいのが嫌で、美容において最重要な保湿をサボってしまう人もいるようです。たしかに、せっかくお風呂で温まった後に冷たいものを顔に塗らないといけないだなんて、どう考えても深いですから気持ちはわかります。

 

とはいえそんなことを続けていたら、老化はどんどん進んでいってしまいます。そこで、寒い冬でも化粧水や美容液を不快感なく使うための方法をまとめてみました。

 

冷たさをなくすどころか、美容効果をアップさせることもできるので、ぜひ一度だけでも試してみてください。

 

1.人肌で温める。

美容効果アップのために、普段から当たり前にやっている方もいらっしゃる方法です。手なら顔よりは冷たさを我慢できるでため、しばらく手にのせておくことで、常温まで温めます。

 

冷たいものを顔に当てると、顔の血行が悪くなるため美容によくありません。そういう意味でも、適音にしてから顔に使うのがベストです。

2.お風呂で温める。

お風呂に入る後は保湿することがわかっているのですから、容器ごとお風呂に入れて、温めてみてはいかがでしょう。

 

これなら冷たいのが嫌で保湿をサボってしまうこともなくなりますし、保湿化粧品を持ち歩くことになるため、保湿し忘れる可能性もグッと低くなります。

 

お肌の回復は寝ている間にとくに早くなるので、寝る前に顔を冷やすか温めるかは、美容においてなかなかに重要な問題です。

秘伝.レンジでチンする

溜めそう何て思っても見なかったかもしれませんが、レンジでチンして温めるのが、楽で意外と効果的です。

 

温かい液体が、お肌にスーっと入っていくのがよくわかるんです。ただ、こんな便利な方法があまり出回っていないのは、デメリットもあるからです。

 

あまりに長時間あたためると、成分がなくなったり変質したりするのでよくありません

 

温めるのは5,6秒くらいにしておいて、沸騰することがないよう気をつけてください。
それだけでも顔に塗るのに問題ない温度までは温まります。

 

短時間で温めたいという人は、この方法が一番お手軽でしょう。

[illust_bubble subhead=”クレンジングのチン!も効果的!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]クレンジングは油と溶け合って水で流れやすくするもの。で すら温度を上げて油と混ざりやすくすることで、より効果をアップすることができるのです。簡 単には落ちないような濃いメイクだとしても、お肌に刺激がかかる前に短時間で落とすことができるのが良いところです。[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”朝の美容件目覚ましにも良い!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”douzo-w2-l”]寒い時期になると、温かい布団から出たくなくて、なかなか起きれなくなることがあるんですよね。そんなときのために、化粧水や美容液を温められる容器に入れて、布団の近くに置いておきましょう。朝起きたらすぐにこれをレンジで温めて、顔に塗ります。すると脳に近い顔が温められるので、全身が温まったような感覚になることができ、布団から簡単に出ることができます。朝起きれるし、美容効果があるし、まさに一石二鳥です![/illust_bubble]

\ SNSでシェアしよう! /

美しくなるスキンケアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美しくなるスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オリーブオイルで美肌になる方法

  • 唇を速攻でプルプルにするための3つの対策

  • お風呂に入りながらできる美容法まとめ

  • 体温を上げると美肌になれるって本当?

  • パックの効果を引き上げるためのたった3つのポイント

  • 100円もかからない!?5つの節約美容術を大公開!