1. TOP
  2. クレンジング
  3. メイクをしたまま寝てしまったときの対処法

メイクをしたまま寝てしまったときの対処法

 2014/12/07 クレンジング 裏ワザ
この記事は約 5 分で読めます。 385 Views

メイクしたまま寝るのがよくないと分かっていても、どうしても眠くて、メイクを落とさないで寝てしまった経験はありませんか?

 

または仕事中に、気が付いたら眠っていた!なんてこともあるでしょう。私の場合は「ちょっと横になろう・・・。」と思って寝転がったら、いつの間にか寝ていたということがよくあります。

 

もちろん疲れているときでもメイクを落としてから寝るに越したことはないのですが、どんなに気をつけていても思わず失敗しているものはあるものです。

 

そこでこの記事では、そんなときにお肌へダメージを最小限にするためのスキンケアをご紹介します。

 

これを知っておけば、メイクを落とせないような大事な夜(?)でも一晩くらいなら安心してメイクしたまま寝られるようになるはずです!

[illust_bubble subhead=”残業が長引きがちな人も覚えておくとGood!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]メイクしたまま寝ることはないけど、残業のせいで長時間メイクをしたままになってしまう。そういった方もケアの覚えておけば次の日の肌のコンディションが安定しやすくなります。女になるときには肌が衰えていました・・・。なんてことにならないように、念入りにお手入れしておいてください![/illust_bubble]

メイクを落とし忘れるとこんなことに・・・。

メイクを落とし忘れて寝ると、このようなことになります・・・。

[check_list image=”check3-r”]
  • お肌が黒ずむ。
  • メイクの油をアクネ菌が食べて、ニキビの原因になる。
  • メイクによる刺激で、防御反応によるシミが作られる。
  • メイクがターンオーバーの邪魔をして、古い角質が肌に残る(長時間たつと固まります)
  • 角質が厚くなり、ニキビなどをはじめとしたお肌のトラブルの原因となる。
  • メイクの油が酸化して活性酸素を発生し、肌の老化を促進する。
  • メイクが皮脂となじんで、お肌の奥の方へどんどんしみこんでいく。
  • 長時間洗顔してないせいで、菌が大繁殖する。
[/check_list]

このように、女性の将来に関わるようなデメリットがたくさん!これから結婚などを考えている方は、とくに気をつけたほうが良いです。最近は女性も遅くまで働いているので、結婚を考えはじめたときには既にお肌が10歳増しに・・・。なんてことにもなりかねません。

 

[illust_bubble subhead=”ターンオーバーって何?” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]ターンオーバーというのは、古い角質の細胞を捨てて、新しい細胞を作る事です。そうやって肌の細胞を入れ替えることで、お肌をキレイに保つことができているのです。新陳代謝と呼ばれることもあります。細胞は1ヶ月周期で生まれ変わるので、1ヶ月しっかりお肌を守ってあげれば、汚れた肌でもキレイにすることができます。[/illust_bubble]

メイクを落とし忘れたときにするスキンケア

[icon image=”point-b-r”]1.クレンジングでまんべんなく落とす。

普段よりも意識を集中して、洗い残しがないようにクレンジングしてください。クレンジング自体も刺激が強いため、本来なら短時間で済ませたいところですが、長時間放置されたメイクに比べれば安全なので、念入りに落とすようにしましょう。

 

いつもより多めのクレンジングを使って、鏡をみて洗い残しがないか確認するようにしてください。

 

毛穴の奥にしみこんだメイクを落とすためにも、1分間ほど肌になじませたほうが良いでしょう。その後、軽く撫でるようにマッサージしながら洗い流します。

 

洗顔後は、保湿するのを忘れずに。普段よりしっかり洗った分肌の乾燥も酷くなるので、神経を研ぎ澄ませて保湿する必要があります。

[icon image=”point-b-r”]2.スッピンあるいは軽めのメイクで過ごす。

長時間メイクしっぱなしだったせいで、お肌のターンオーバーが十分ではありません。ですのでターンオーバーの邪魔をしないためにも、極力メイクは避けるべきです。(外に出るなら、保湿と紫外線対策は絶対に必要です。)

 

たとえ仕事でしなくてはならないとしても、軽めのメイクにしておくのが安全。ターンオーバーを促進するためにも、またダメージを受けた肌を休ませるためにも、お肌をいたわってあげてください。

 

おろそかにしがちですが、ここでしっかり肌を休ませるか休ませないかで、後の肌の老化具合や、透き通りやすさなどに大きく関わってきます。

 

[icon image=”point-b-r”]3.お肌の回復力を高める食材を食べる。

お肌の回復には、栄養が必須です。だからお肌に良い食べ物を食べて、回復のお手伝いをしてあげましょう。

 

肌に良い栄養がある食べ物といえば野菜ですが、野菜は生野菜よりも、温野菜として食べるほうがお肌にとって良いです。
生野菜サラダより温野菜のほうがお肌に良いって本当?

 

また血行をよくするために身体を温めるのも効果的ですし、肌の回復は寝ているときに特に活発になるため、睡眠も大事です。

 

ダメージを受けた分しっかり回復するためにも、この辺の対策を片っ端から取り入れてみてください。そうすればメイクを洗い忘れた日よりも、むしろキレイになってしまうかもしれませんよ!

\ SNSでシェアしよう! /

美しくなるスキンケアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美しくなるスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 化粧のノリを良くする朝パックのすすめ

  • 100円もかからない!?5つの節約美容術を大公開!

  • 寒い冬に化粧水を気持ちよく付ける裏ワザ

  • 台所の物でできちゃう!無料の簡単スキンケア

  • 爪をキレイに保つお手入れ方法

  • 黒ずみを消す!重曹の美容活用法