1. TOP
  2. 乾燥・肌荒れ
  3. パックの効果を引き上げるためのたった3つのポイント

パックの効果を引き上げるためのたった3つのポイント

 2014/11/05 乾燥・肌荒れ 裏ワザ
この記事は約 4 分で読めます。 214 Views

美しくなりたい人なら誰でも1度はパックを使ったことがあるはず。中には毎日パックを欠かさないという方もいるでしょう。多くの女性に愛されている美容グッズです。

 

この記事では、そんな美容パックの効果を最大限引き上げるためのポイントをご紹介します!

 

どうせ使うなら、しっかりと効果を得ておきたいですよね!そのまま使ってもらえれば誰でもパックの効果を上げられるので、試してみてください。

[illust_bubble subhead=”パックってどんな効果があるの?” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]パックは美容成分の入った液体をお肌に密着させて、肌の奥まで成分を浸透させようというもの。ただ化粧水を塗るよりも効果を得やすいということで、人気がある美容グッズです。[/illust_bubble]

1.パックの前にお風呂に入る

角質に浸透させるだけでなく、毛穴の置くまで美容成分を与えたい!そういうときは、パックの前にお風呂に入って、毛穴を広げるのが効果的です。

 

それに顔を洗ったあとだと皮脂などが飛んでお肌が乾燥するので、よりいっそう美容成分がしみこみやすい状態なんですよね。

 

お風呂まで入るのは面倒だというときは、あたたかいタオルでしばらく顔を覆うことでも毛穴を開けます。

2.パックがあたらないところは事前に保湿しておく

パックしているからって油断は禁物!おそらく、目の周りや口周りなどはパックで覆われていませんよね。その部分を乾燥したまま放置していると、そこの肌がダメージを受けてしまいます。

 

将来『目周り口周りだけが老けている』…なんてことになりたくなかったら、油断せずに保湿しておきましょう!

 

「たった5分なのに…。」と思うかもしれませんが、回数を重ねるごとに10分、15分、20分、…1時間。と乾燥時間も積み重なって生きますので、お肌のダメージを無視できなくなってくるのです。

 

念入りに保湿するようにしてください!

3.使用時間をしっかり守る!

たまに長時間使ったほうがいいのだろうと考えて、指定された時間よりもずっと長い間パックをつけたままにしておく人がいます。でもそれはむしろ逆効果になります。お肌を乾燥させる恐れがあるのでやめておきましょう。

 

どういうことかというと、長くパックを使っているとパックが乾燥してきます。するとお肌よりもパックのほうが水をしみ込みやすいので、お肌が水分や化粧水を奪われてしまいます

 

その結果、パックは潤いお肌は乾燥するという本末転倒になってしまうのです。

 

パックの使用時間は、だいたいが5~10分のはず。わざわざ使用時間が決められているのは最大限効果を実感してもらうため、あるいは安全に使ってもらうためなので、きちんと守るようにしてください。

[illust_bubble subhead=”パックの種類によっては保湿も必要!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”point-w1-l”]パックが保湿系でないのなら、使用後にきちんと保湿しましょう。そうでないと化粧水を塗っただけでスキンケアを終わらせるだけのようなもの。保湿成分がないとお肌はすぐに乾燥してしまいます。保湿成分を含んだ美容液やクリームを使って、お肌の水分を守ってあげましょう。そうじゃないと、パックの成分が乾燥したときに、お肌の保湿力のあるもの(細胞間脂質というものがお肌にもともと備わっている)までもが飛ばされてしまい、よりいっそうお肌を乾燥させることになります。[/illust_bubble]

⇒安い保湿パックを探す

\ SNSでシェアしよう! /

美しくなるスキンケアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美しくなるスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 泣いてまぶたが腫れているときの解決策

  • 肌が乾燥して湿疹がでたときの対策

  • 徹底保湿!化粧水・美容液の上手な塗り方

  • あなたの保湿は大丈夫?意外とわからない20の疑問

  • 爪をキレイに保つお手入れ方法

  • 化粧のノリを良くする朝パックのすすめ