1. TOP
  2. 乾燥・肌荒れ
  3. お肌に油分が必要な理由は?

お肌に油分が必要な理由は?

 2014/10/12 乾燥・肌荒れ 保湿化粧品
この記事は約 5 分で読めます。 432 Views

この疑問の答えには、主にこの2つがあります。

「肌に油分は必要なので、クリームで油分を補いましょう。」
「肌に油分は必要ありません。保湿成分があれば十分です。」

専門家の中でもこのように意見がわかれています!!

 

私は「結局どっちなのよ!?」と思って色々な文献に当たってみたり、お医者さんに聞いたりもしたのですが、ハッキリと答えを示してくれるものはありませんでした。

とはいえ毎日のスキンケアに関わる問題ですし、正しい答えがほしいですよね。信じていたケアの方法が間違っていたなんて知ったら、ショックすぎて老けてしまいます><

そこで、どちらが正しい考えなのかを見極めるために、それぞれの言い分を分析してみることにしました。双方の言い分はこのようなものでした。

油分は必要ない派の意見

確かに昔は油分でフタをするのが当たり前でした。でもこれは保湿するには効率が悪すぎます。

そもそも保湿しているのは、「細胞間脂質」や「皮脂」に含まれている「保湿成分」だと分かっているのに、わざわざ油を足す必要がありますか?

 

保湿成分が鍵と分かったからには、保湿成分だけ足しておけばいいんです。変に油を塗ろうものなら、ニキビなどの原因にだってなるんですよ。

あなたは、ニキビが好きですか??嫌いなら余計なことはしないほうが良いです><

油分は必要派の意見

人間にはもともと「皮脂」を出す機能が含まれています。そこには保湿成分も含まれていますが、「油」だって含まれているんです。だとすると人間に「油」は必要なんですから、足りてないなら油も塗るべきではないですか?

 

人間は身体のつくりからして、油を欲しているんです。放置するとニキビの原因にはなりますが、きちんと洗えば問題ありません

 

あなたもあまり環境を変えたくないでしょう?だったら油分を足しましょう。

油分は必要ない

では最後に双方の言い分を踏まえて、色々な美容書を読んだり色々な女性を見てきた管理人の意見です。

 

私はどう考えているのかというと、
油分は必要ない」と考えています。

 

皮脂がなんのために働いているのかというと、

[check_list image=”check3-r”]
  • お肌を外敵から守る角質の保護をする。
  • 天然保湿因子で保湿をする。
[/check_list]

この2つです。角質細胞間脂質だけだと足りないので、皮脂がそれを補っているのです。

 

でも、この2つの役割って、保湿成分だけでもできるんですよね

肌の乾燥が酷いときは油分をつけたほうが良いという記述もちらほらありましたが、まともな保湿化粧品であれば、それだけで乾燥した肌を保護できます。

「では、濃度の薄い保湿化粧品を使っているときは、クリームが必要なのか?」というと、そうでもありません。

 

油で保湿するというのは、水分が空気に触れて乾燥しないように、油で覆い隠すということです。つまりムラがあったりして覆い隠せてなかったときには、あっというまにお肌が乾燥してしまいます

 

それに必要ない派の言い分でもありましたが、「ニキビなどの原因になる」ため、使い方によっては大きなデメリットまであるのです。

 

そう考えると、保湿化粧品の上からわざわざ油を加えるというのは、残念なことにデメリットしかないんですよね。わざわざ危険な目に遭いにいかなくても、保湿化粧品だけで済ませればいいだろうということです。

 

なので、「デメリットがあっても、使い慣れてるからどうしてもつけたい!」という人だけはつけて、あとの人はつけないほうがお肌も生活も潤うのではないでしょうか。

[illust_bubble subhead=”荒れが酷いときは別!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]でも荒れが酷く、ハリネズミのように皮が逆立って硬くなっているようなときは、さすがにクリームも必要です。どう頑張っても、保湿成分だけで覆うことができないからです。保湿成分クリームで立っている皮をおさえることで、滑らかにしてあげてください。[/illust_bubble] [faq_q color=”green”]追記:保湿成分だけで補っていたら、皮脂が出なくなりませんか?[/faq_q][faq_a]質問いただいたので追記します!「使わない機能が衰えていく!」というのは、確かに人間に備わっている仕組みです。でも、保湿成分で皮脂がいらなくなって衰えるのであれば、それは油分を塗った場合も同じではないでしょうか。どちらも、皮脂の役割を変わりにこなしていることに変わりはないのです。[/faq_a]

まとめ:お肌に油分を足す必要はない。

このようにお肌に油分を足す必要性は、これといってないわけです。だから乾燥肌であったとしても、わざわざ油分を足す必要はありません。塗ったところで、時間とお金のムダになってしまいます。

 

ただ、どうしても気持ちの問題でつけたいとか、荒れがひどすぎて化粧品では覆いきれないという場合には、クリームを塗るのがいいしょう。

 

クリームなどで油分を足した場合には、しっかりと洗い流すよう気をつけてください!放っておくと毛穴の奥にたまり、ニキビなどの原因になることもありますので><

\ SNSでシェアしよう! /

美しくなるスキンケアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美しくなるスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アルガンオイルを買うときの5つの注意点

  • 乾燥肌にはリキッドファンデとパウダーファンデのどっちが良いのか?

  • おでこがベタベタ脂まみれになるのを防ぐ方法

  • 疎かにしがち!?今更聞けない保湿の重要性

  • ピーリングとは?30代以降は必須の美白対策

  • 肌荒れになりにくいファンデーションは何タイプ?意外な事実。