1. TOP
  2. 乾燥・肌荒れ
  3. セラミド配合化粧品に騙されない方法

セラミド配合化粧品に騙されない方法

 2014/10/27 乾燥・肌荒れ 保湿化粧品
この記事は約 5 分で読めます。 216 Views

セラミドは保湿効果が一番高いということで、それを含んだたくさん出回っています。ただ、その質はピンキリで、なかには偽者もあります。だから良い化粧品を探すのが大変なんですよね;;

 

スキンケアのサイトに、とても詳しい人が運営しているサイトや専門知識ゼロの人が運営しているサイトがあるように、セラミド化粧品も本当に様々なのです。

 

とはいえ信じて使い続けてきた化粧品がダメなものとわかったときのガッカリ感は、言葉で良いあらわせないくらい嫌なもの。時間や労力、お金など全部がムダになるんですよ。嫌ですよね。

 

だからあなたが悪いセラミド化粧品に騙されてしまわないように、この記事では「良いセラミド配合化粧品」と「悪いセラミド配合化粧品」を見極める方法をご紹介します。

 

セラミド化粧品の名前に要注意!

セラミドは化粧品に詳しい人にはとても人気の成分なので、買ってもらうために「セラミドに似た名前の成分」をつけて、お客を騙そうとしている化粧品があります

 

そういう品はだいたい「セラミド+(名前)」という成分を含んでいます。たとえば今まで私が見たことあるものだと、「セラミドホワイト○ング因子」(一応伏字)という変わったものがありました。

 

その効果は、「セラミドによる強力な保湿だけでなく、ホワイトニングまでできる自社開発の高性能成分」ということでした。私は「それが本当ならすごいな」と思って使ってみました。

 

ですが、案の定あんまりな品でした。しかも、保湿効果すらも怪しかったです。

 

そういう品であることもあるので、一応成分表を見て、セラミドに似た変な名前じゃないか確認したほうがいいでしょう。「セラミド2」のように、「セラミド+(数字)」と書いてあるものは本物のセラミドです。

 

(もちろん「セラミド+数字」でなくても、しっかりした保湿成分の良い化粧品はあります。それに数字が書いてあっても、濃度が薄く効果がない場合もあります。あくまでも目安として考えてください。)

お値段に要注意!

セラミドの保湿効果は強力ですが、原価が高いところがネックです。そのせいでどうしてもセラミド配合の化粧品は高くなってしまうのです。

 

だから、もし極端に高いものがあったとしても、それは偽者か、濃度がかなり低い可能性が高いです。

 

とはいえ、濃度が適切かに関しては使ってみないとわからないところがあります。メーカーに成分などを問い合わせると、成分は「お客様からの信頼を得るため」ということで教えてくれますが、濃度までは教えてくれないのです。

 

まぁ濃度まで教えたら他の会社にそのまま真似されてしまいますからね、いえないのも納得なのですが、消費者としてはやっぱり知っておきたい情報ですよね。

 

それと経験則になりますが、某100円ショップでセラミド配合美容液(小さいもの)があったので、期待はしていませんでしたが、怖いもの見たさで購入したことがあります。

 

すると、期待以上のことが起こりました。

 

保湿効果がないどころか、1時間たたないうちに肌が赤くなってしまったのです。

 

何が入っているのかは謎ですが、安いものには安い理由があるものです。大事なお肌に塗るものですから、安易に価格に動かされないようにしたほうがいいでしょう。

 

セラミド配合化粧品の目安としては、3000円~10000円として考えると良いでしょう。それ以上は、マダム御用達のブランド料金が大量に含まれていることがほとんどですし、3000円以下はセラミドの原価からして、濃度の方が怪しいです。

 

騙されないためのポイントとして、価格についても覚えておいてください。

 化粧水に要注意!

そもそも化粧水は水が主成分であるため、化粧水を保湿に使うこと自体アウトです。ですが、セラミドは水に溶けないためセラミド配合の化粧水といった時点で、もう信用しないほうがいいでしょう。

 

水の割合が多い上に、偽者の可能性大といったら、保湿効果は期待できません。

 

セラミドが入っている化粧品といったら、美容液かクリームかのどちらかです。ただクリームだと余計な油も含まれるので、美容液が理想的です。

まとめ:セラミド化粧品を選ぶときは3つのポイントに要注意

以上、セラミド化粧品を選ぶときの3つのポイントでした。復習するとこのようなものがありました。

[check_list image=”check3-r”]
  • セラミドの成分前はい「セラミド+数字」
  • お値段は3000~10000円
  • 化粧水ではなく、美容液かクリーム
[/check_list]

化粧品というのは、安くて良いものもあれば、高くて悪質なものもあったりと、本当に様々です。セラミド化粧品はその人気さからして狙われやすいところなので、これらのポイントを把握しておくことで、騙されないような選択をできるようになりましょう。

 

「もし自分で選ぶのが面倒だ…。」という方は、当サイトでおすすめしている保湿化粧品は、わたしが実際に使っている&使っていた化粧品で条件を満たしているものなので、参考にしてください。
⇒おすすめの保湿化粧品

\ SNSでシェアしよう! /

美しくなるスキンケアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美しくなるスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

cosme27124

この人が書いた記事  記事一覧

  • もうテカらない!顔の皮脂抑える方法

  • 50代におすすめの基礎化粧品と選び方

  • 意外と知らないリキッドクレンジングのメリット

  • おすすめのリップクリーム!簡単にプルプルの唇をGET!

関連記事

  • お肌に油分が必要な理由は?

  • 冬の保湿パックが冷たくて嫌という人のための裏ワザ

  • よく聞くわりに意外と知らない。天然保湿因子とは?

  • 肌が乾燥して湿疹がでたときの対策

  • Gracieux(グラシュー)のレビュー/口コミではわからない情報

  • もうテカらない!顔の皮脂抑える方法