化粧水と美容液の違いと使い分け

化粧水も美容液も入っている成分は似ているし、違いがよくわからないという人も多いはず。だから違いを理解せずに、なんとなく安い化粧水を使う人が多いようなのですが、

あなたはどうでしょうか?

もし化粧水だけで済ませているのなら、すぐにケアの方法を変えるべきです。そのままだとお肌の老化が早まってしまいます

 

でも正しく使い分けることによって、あなたのお肌はさらに潤い今よりもっとキレイになることができるでしょう!

 

この記事では化粧水と美容液の違い、そして使い分けについてご紹介します!

化粧水と美容液はどう違う?

結論からいいますと、
お肌に栄養を与えるのが化粧水。お肌を保湿する+美白やアンチエイジング効果を組み合わせたものが美容液です。

 

おおまかには、化粧水を栄養を与え、
美容液は保湿と美肌効果があると覚えておくのがいいでしょう。それでは、少し掘り下げていきましょう!

peco1

化粧水について

肌には水分が大事、だから化粧水でたくさん水分を与えるのが大事なんだ!という方がたまにいらっしゃいますが、水を与えてもすぐに蒸発してしまいます

 

化粧水のほとんどは水。だから化粧『水』なのであり、栄養から見てもまさに栄養の入った水と言った感じ。

 

なので保湿成分が入っていても、強い保湿力はあまり期待できません。それどころか化粧水だけという人は大変です;;

 

顔を洗ってから乾いたときって、お肌が乾燥しますよね?化粧水をたくさん塗ってそのままにするというのは、まさに同じ状況なわけです。

 

なのでつけた直後はいいかもしれないけど、少ししたらすぐに乾燥してしまいます。しかも水が蒸発するときにお肌にもともとある保湿成分(細胞間脂質という)を飛ばしてしまうこともあるのです。

 

これでは保湿するどころか、美肌になるのを邪魔してるだけです。
お金も時間も潤いもムダになってしまう。最悪の悪循環です。

 

特に、「肌に負担を掛けないために化粧水だけ塗っている」
という人はかわいそうなことになっていまっています。負担をかけないどころか、さらに負担を駆けるというスパルタスキンケアをしているわけですから・・・。

 

身近にそういう人がいたら、教えてあげてください。

でも、化粧水にはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が入っているはずです!
化粧水に入っているヒアルロン酸などは極少量なので保湿には向きません。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分は、濃度が高くなるとヌルヌルとした感じになりはずです。
十分に濃ければ水っぽくはならないのです。
どんな化粧水がいいの?
化粧水はお肌に栄養を与えるものなので、お肌に良い成分が入ったものを選ぶのがベスト!そこでおススメなのがビタミンC誘導体入りの化粧水。誘導体系は水に溶けやすいため、化粧水との相性がいいのです!
(ビタミンC誘導体はシミを薄くし、また活性酸素をなくして老化を遅くします。)

いろいろな成分が入っている化粧水もありますが、安い化粧水でそういうものの場合には、
「とにかくいろいろ入れてすごい商品に見せかけろ!」という人が多いです。
(しかもすべて濃度が薄いという・・・泣)

なので、できるかぎりシンプルに必要なものだけが入った化粧水がベストです。

注意:コットンで塗るとお肌に傷が付くので、手で優しく塗るように心がけてください。

美容液について

美容液というのは保湿成分を多く含んでいるものや、美白成分を多く含んでいるものをいいます。

 

効果が高いだけに化粧水などに比べるとお値段も少しばかりお高め。とはいえ強力な保湿力を持っているものが多いです。

クリームで保湿するのはどうなの?
クリームは油分がとても多いため、日常使いには向きません。
使い方を間違えるとニキビなどの原因になります。

乾燥がひどく美容液を塗っても皮剥けなどが気になるときには、
クリームで保護するのが良いです。

化粧水っていらなくないですか?
はい。美容液は保湿ができますし、栄養もいろいろと含まれています。
なので化粧水はいらないと言っている専門家はとても多いです。

ですがビタミンC誘導体などの誘導体型は水に溶けやすいため、
化粧水で与えるのがベストです。

美容液は成分がいろいろなだけに、自分に必要なものがどんなタイプなのか見極めて、
それにあったものを選ぶ必要があります。

 

また美容液のいいところは、化粧下地変わりになるということです。強力な保湿成分(’セラミドがおススメ!)のおかげで潤いが長持ちするので、化粧のノリも化粧持ちも良いんです!

 

良い保湿化粧品の選び方と、おススメの保湿化粧品はこちらで紹介しています!
キレイへの意識が高い方は合っていると思うので、ぜひ確認してみてください。
⇒オススメの保湿化粧品人気ランキング!

 

それに化粧下地は肌を良く見せるのが目的なので負担が大きいものが多いのですが、美容液はお肌をキレイに保つのが目的なので、優しいものが多いのです。

まとめ

この記事では化粧水と美容液の違いと使い分けについてご紹介しました。まとめるとことような感じです。

  • 化粧水で保湿は効果が薄い。
  • 化粧水はお肌に栄養を与えるもの。
  • 保湿するなら化粧水より美容液。

この使い分けひとつで、お肌の寿命はかなり変わってきます!

今化粧水で保湿をしているのなら、さらにキレイになるための第一歩として美容液に変えてみるのはいかがでしょうか?

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ  

2014年9月30日 化粧水と美容液の違いと使い分け はコメントを受け付けていません。 化粧水 美容液