間違うと老化の原因に!フェイスローラーの正しい使い方

当時はフェイスローラーといったらお高い品だったのですが、最近は人気が出てきたこともあり、値段が下がって多くの女性の手に渡っています。特に安いのだと、なんと100円。もはや”お高い感じ”の面影さえありません。

 

そんなフェイスローラーはテレビを見ながら、お風呂に入りながら、お手軽に使える事もあって、「どうせならキレイになろう♪」といった気持ちで使っている人が多いです。

 

でも、注意してくださいね。もし使い方を間違えていると、キレイになるどころか老化の原因になってしまいます。

 

フェイスローラーを正しく使うことで、より確実にキレイなお肌を手に入れましょう!この記事では、フェイスローラーの正しい使い方をご紹介します。

フェイスローラーが効果的であるワケ

私たちは”表情筋”という筋肉を動かすことで表情を作っているのですが、この筋肉が衰えるとダランと垂れるので、たるみの原因になります。

 

そこでフェイスローラーの出番。フェイスローラーなら、顔をマッサージすることで表情筋を鍛えることができます。

 

別に「手でマッサージすればいいじゃん!」なんて思う節約志向の方もいるでしょうが、顔のような繊細なところでは、手のマッサージは向きません。手でマッサージするくらいなら、むしろ何もしないほうがマシです。

 

手でのマッサージは皮膚を伸ばすような動きになるので、顔の皮膚を引き伸ばしてしまいます。

 

そんなことをしては、フェイスアップやしわなくしをするどころか、シワだらけのだらんとした皮膚になってしまいます。マッサージをするのであれば、フェイスローラーは絶対必要といっても過言ではありません。

 

また、フェイスローラーは血流をよくしてお肌に栄養を行き届きやすくする効果もあります。肌の再生に栄養は必須ですから、とても効果的です。(またしばらくの間、血が巡って血色がよくなります。)

フェイスローラーの正しい使い方

では正しいフェイスローラーの使い方をご紹介します。何度も繰り返して正しい使い方を癖にしてしまえば、テレビをみながら、お風呂に入りながら、何をしているときでも”ついで”にキレイになることができます。

 1.ローラーを温める

冷たいローラーを顔に当てるのは、結構を悪くする原因になります。お湯や太ももの裏などで温めて、常温以上にしておきましょう。

 

できるだけ温かいほうが、効果が上がります。お風呂で身体もローラーも温めるというのも効果的。

 2.肌に潤いを与える

乾燥した状態でのフェイスローラーは、角質を剥がしてしまうのでよくありません。ですので、お風呂に入っているときは水で濡らしてからローラーを使ってください。そうでないときは化粧水などで軽く潤いをあげるのが良いです。

 

ただ化粧水だけだとすぐに乾燥してしまいますから、肌が乾燥するほど長い時間使うというときは、美容液で念入りに保湿しておくと良いでしょう。

 

映画に夢中になっている間に肌が乾燥していた!なんてことがありませんように。

 3.ローラーの向きは内から外へ

フェイスローラーはどんな向きで使ってもいいわけではありません。ローラーを使っているとはいえ肌に負担がかかることには変わりないですから、無理のない使い方をしたほうが良いのです。

 

ローラーは、内から外へ向かうように使うようにしましょう。つまり、鼻から遠ざかる向きに使うときには普通にローラーをコロコロし、戻すときには、優しく弱い力でコロコロします。

 

またくれぐれも、鼻から遠ざかるか、鼻に近づく方向以外には使わないほうが良いです。たとえば頬を上下にマッサージするとか、こういった動きは皮膚にものすごく負担がかかりやすいので、簡単に皮膚が垂れてしまいます。

 

最初はいちいち意識しないといけないので面倒と思うかもしれません。ですが、一度慣れてしまえばあとは、オートマティックコロコロキレイです。どんどんキレイになれるようになるので、頑張ってください。

 

ローラーは清潔にしよう!
ローラーを洗ったりする人はあまりいないようですが、ローラーにも菌がつくので要注意。食卓など菌が発生しやすいところには置かないほうが良いです。また汚れが気になってきたときには、除菌シートなどでキレイにしてあげると良いでしょう。

こんなフェイスローラーの使いかたは厳禁

 1.力の入れすぎ

力の入れすぎはもちろんNG。布のようにひっぱればしわがなくなることはありません。皮膚が伸びても、単にシワが増えるだけです。無理な力を入れずにやさしくマッサージしてあげるのがベスト。

 2.管理が雑。

あなた、もしかして、フェイスローラーを床においてはいませんか??
掃除に使うコロコロローラーと同じような感覚で置いてしまうのもわかります。
私もついつい同じことをしていたことがあるので・・・。

 

 

でもお肌はとっても繊細で、菌に弱いのです。余計なお肌トラブルを起こしたくないのであれば、汚いところには置かないようにしたほうが良いです。

 

たとえば化粧袋で管理するとか、お皿などのように清潔に保たれるものと一緒に保管しておくのが安全です。

 3.クレンジング剤でマッサージ

たまに「化粧落としとマッサージが一緒にできます」というクレンジングがありますが、クレンジングというからには、メイクと一緒に肌の保湿成分をどんどん奪っていく、肌への負担が強いものです。

 

ローラーを使っていようとその性質に変わりはないので、長時間クレンジングを使ってマッサージすることがないように気をつけてください。

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ  

2014年12月4日 間違うと老化の原因に!フェイスローラーの正しい使い方 はコメントを受け付けていません。 しわ たるみ