皆が知らない、ガンコなしみを最短で消す方法

この記事は、しみに関するお悩みを抱える方のための記事です。
次のようなしみに関するお悩みを解決することができます。

  • 色々試してみたがしみが消えない。
  • 数年間消えないしみがある。
  • しみが目立って老けて見えるから、消したい。
  • しみをなくしてキレイな肌になりたい。
  • 間違ったしみ対策で、時間とお金をムダにしたくない。

もしかしたら、
今までに色々試してみたけれど、しみを消せなかった
という経験があるかもしれませんね。

 

しみ対策グッズにも色々ありますが、効果がないものもありますし、
物がよくても長期的に使ないと効果がないものもあります。

 

だからシミ対策をすることはするのですが、
時間もお金も無駄にして、結局何も得られずに終わる女性が多い
のです。

 

そしてそのままシミ対策を諦めて、顔や身体に大きなシミを残し、
会う人会う人に「大きなシミ…。」と思われたり、歳を取ってると思われたりしてしまうんですよね。

 

私も以前は頬に大きなシミがあったのですが、
やはり正直すぎる人から「大きなシミねぇ…!」なんて言われることがありましたし、目よりも頬に視線を感じることが多かったです。

 

あなたも経験があるかもしれませんが、そういう嫌なことがあるだけで、
外出する度に気分が悪くなってしまったりもするんですよね;;

 

また私自身も、大きなシミがある人を見ると、ついシミに目がいってしまいます。
シミは肌の色と比べて対照的ですから、目が行ってしまうのも仕方がないことだとは思いますが、見られている側としては、やはりあまり気分が良いものではありませんよね::

 

そこで諦めの悪い私は、いろいろなシミ対策の方法を調べたり、実践したりして、何度も何度も失敗して、ようやく自分のシミを消すことができました。(この経験が今のスキンケアコンサルジュという仕事にも繋がっています。)

 

あなたも私と同じように、「いろいろ試して、やっとの思いでシミを消すことができる」という経験をするのもアリだとは思います。ですが、それって効率が悪すぎると思うんです。

 

いろいろ試すよりも、最初から正しい方法で消してしまうほうが、お金も時間も手間も無駄にならなくて良いとは思いませんか?

 

私はそのためにも、無駄なく効率良く理想のお肌を手に入れられる女性が少しでも多くなるうに、このサイトを作り、この記事を書きました。活用していただけたら幸いです。

しみを消すためにはこの2ステップが一番。

ここからは重要なので、読み飛ばさないでゆっくり読んでいただけると幸いです。)
おおまかに分けると、シミには2種類あります。

それぞれ対策が違うので、どちらなのか見極めることが重要です。

TYPE1:肌を守っておけば短期間で自然に消えるシミ。

TYPE2:長期間残るシミ。

まずはあなたに合った対策を明らかにするために、
次のチェック方法で、どちらのシミなのか確認してみましょう。

 悩んでいる箇所のシミは、1ヶ月以上お肌に残っているか?

もし悩んでいる箇所のシミが1ヶ月以内にできたシミなら、すぐ消えるシミの可能性と、長期間残るシミの可能性があります。ステップ1ステップ2を順番に実践してください。

 

そしてもしできてから1ヶ月以上経っているシミであるなら、長期間残るシミで確定です。ステップ2を実践してください。
ステップ1は飛ばしてください。)

ではシミの対策のステップ1とステップ2がどのようなものなのかというと、次のようなものです。

ステップ1:シミの発生、悪化を防ぎつつ、肌を保護する。(守り)

ステップ2:シミの除去を徹底する(攻め)

それぞれがどのような対策なのか、具体的に見て行きましょう。

と、その前にひとつ注意していただきたいことがあります。

 

私自身が悩みを抱えていたからこそわかるんですが、シミで本気で悩んでいると、自分の思い込みでつい突っ走ってしまうことがあるかと思います。

 

たとえば、いてもたっても居られなくて、1週間ペースくらいでコロコロと対策を変えてしまったり、はたまた勉強した対策どおりにしないで、勝手に対策方法をアレンジしてしまったり…。

 

いわば、おいしくできるはずのレシピを勝手にアレンジしたせいで、レシピ通りに料理ができなくなるような感覚です。

 

そういったことをされてしまうと、せっかくの結果確認済みの対策が台無しになってしまうのです…。くれぐれもそのまま実践するよう気をつけてください。

ステップ1:シミの発生、悪化を防ぎつつ、肌を保護する。

ステップ2のみの方は飛ばしてください。)
ステップ1は、できて間もないシミにするべき、守りの対策です。

 

これをご説明するために、
まずはシミができるメカニズムを簡単にご説明しておきます。

シミができるメカニズム

peco1

あなたも知っている通り、シミは紫外線が肌に当たることで作られます。このとき肌の内では、メラニンという黒い色素(シミ)を吸収する『メラノサイト』というメラニン生成工場が、紫外線を吸収します。

 

そして吸収した紫外線を色素として排出するから、シミができるのです。

 

(こう言うとメラノサイトが有害だと思う方もいるのですが、メラノサイトを攻めないであげてください。メラノサイトが吸収してくれなかったら、紫外線によって肌のコラーゲンが破壊されますし、皮膚がんになる恐れもあります。)

 

出来上がったシミは、ターンオーバーというお肌の作用によって、だんだんと
お肌の表面に押し出されていって、最終的に角質と一緒に身体の外に追い出されます。

 

ターンオーバーというのは、新陳代謝と呼ばれることもあります。
聞いたことはありませんか??

 

ターンオーバーは約28日周期で繰り返されます。つまり、新しい細胞が生まれてから、角質として剥がれ落ちるまでに28日間かかるということです。

 

ということは、約28日間お肌にトラブルが起こらないように守ってあげれば、
シミは約28日間でなくなるのです!!

 

では、理論はここまでにして、具体的な方法をご紹介しますね!
point①~③までありますので、順を追って実践するようにしてください!

 ビタミンCを摂取する。

ビタミンCはメラニン色素(シミ)を薄くする作用があります。さらに肌を老化させる活性酸素を抑える作用もあります。ですのでビタミンCを摂取して、新しいシミができることや、今あるシミが悪化することを防ぎましょう。

こちらが十分な量のビタミンCを摂り易く、おススメです。

身体に必要なビタミンCは1日80mgなので、十分な量を摂取できます。(それ以上摂っても、身体の外に排出されます。)

 保湿する。

ターンオーバーによってシミをなくすわけですから、お肌にターンオーバーを正常に行ってもらう必要があります。お肌が乾燥していると、ターンオーバーが上手くできなくなるので、角質に保湿しておきましょう。

 

ここでもし、あなたが十分な保湿力のある保湿美容液などを持っているのならそのまま使っていただければいいのですが、意外と保湿力があまりない化粧品を使っている方が多いんです;

 

それだと保湿の役割を発揮させることができず、ムダな努力になってしまうことも。だから確実にシミ対策するためにも、保湿化粧品は、

  • 1:セラミドという保湿成分を使っている。
  • 2:十分な濃度で配合されている。

の2つのポイントを抑えた保湿化粧品を使うように気をつけてください。

 

条件をクリアしている化粧品は、次の記事で紹介していますので、この中から選んでみてください。(1位の品を推奨しています。)

⇒オススメ保湿化粧品はこちらで確認してください。

 紫外線を防ぐ。

ここまで来たら後は仕上げです。

 

お肌を保護してシミが消えるのを待っているうちに、新しいシミができてしまったら、せっかくの努力が無駄になってしまいますよね;;

 

そのような自体を防ぐためにも、やはり十分な紫外線対策効果のある日焼け止めが必要です。

 

日焼け止めを選ぶポイントとしては、「紫外線散乱剤」「ノンケミカル」「SPF25以上」の3点を踏まえていることです。

 

これらのポイントを踏まえた一押しの日焼け止めは、こちらを確認してください。(推奨しているのは1位にある日焼け止めです。)

⇒オススメの日焼け止めはこちらで確認してください。

 

以上が『ステップ1:シミの発生、悪化を防ぎつつ、肌を保護する。』の具体的な方法です。

 

かなり練りに練って、実際にお客さんにも実践してもらった方法ですので、成功率はかなり高いはずです。

 

しかし、あとで『短期で治るかと思ったけど、長期間残るシミだった…。』とわかることもあるでしょう。その場合に「せっかく買った化粧品がムダになっちゃう><」と思うかもしれません。

 

でも、ご安心下さい。このサイトで紹介している化粧品は、保湿化粧品にしても、日焼け止めにしても、キレイを追及したいのであれば、持っておいて損のない高性能な化粧品です。

 

機能はもちろんなんですが、吸い付きや浸透のしやすさも全然違うんですよ。ですので、買って損した…。なんてことにはならないはずです。

 

さて、これらのケアを1ヶ月と10日くらい続けても消えないのであれば、それは長期化するシミだということです。

 

シミを消す『攻め』のシミ対策を始めましょう。(28日ではなく念のため1ヶ月と10日待つのは、歳とともにターンオーバーが遅くなるからです。)

ステップ2:シミの除去を徹底する。

それでは、次は長期間残る頑固なシミの対策です。

 

本来なら、シミができたとしてもターンオーバーと一緒に約28日間でなくなるものです。ターンオーバーというお肌の生まれ変わりによって、いずれ角質と一緒に肌から落っこちます。

 

ですが、歳を取ったり、肌がダメージを受けすぎて脆くなると、ターンオーバーで回復しない層までメラニン色素(シミ)が落ちてしまうのです。(少し詳しく言うと、真皮層というコラーゲンなどがあるところです。)

 

ここに落ちてしまったら、自然とシミが消えることはありません。なんらなかの処置をして、消す必要があります!

 

では、具体的にどのような処置を取るべきなのかというと…。

 ビタミンCでシミの予防と除去を!

ビタミンCにはメラニン色素(シミ)を薄くする作用があります。またそれだけでなく、肌を老化させる活性酸素を抑える作用もあります。なのでこの作用を利用して、シミが新しくできることや、悪化することを防ぎましょう。

 

ステップ1でもご紹介しましたが、やはりこれは簡単なわりに良い対策なので、外せません。
1日に必要なビタミンCは80mg程度なので、定番ですが、こちらを使っておけば問題ありません。

 美白化粧品を使う。

美白化粧品を使うのが、やはり体質によって差が出にくいですし、リスクが少ないのもメリットです。物によって種類はさまざまですが、メラニン色素(しみ)に働きかけていくものが多いです。

 

ただしある程度の期間、継続して使い続ける必要があります。そのおかげで、続かないで途中でやめてしまった経験があるのではないですか??

 

もしそういう経験があるのなら…、
ちょっと考えてみてください!

 

確かに即効性がないと、だんだんとやる気が薄れてきて、忘れてしまうかもしれません。これは私自身もこういう経験をしましたし、お客さんにもそういう方はやっぱり多かったです。が、後のことを考えてみましょう!

 

仮に何の対策もしないでシミが残ったままだとすると、1年後にはそのシミに加えて新しいシミも増えているでしょう。するとそのときには、よりいっそうシミが目立つようになり、よりいっそう歳を取って見えてしまうのです。

 

ですがもしきちんとケアをしていたならば、今あるシミはなくなり、新しくできるシミを予防することもできるのです。

 

本当に、私自身も早く対策しておけばよかったなー。思いました。虫歯を「早く治しておけばよかった・・・。」と思うのに近い感覚ですね。放っておくとどんどん増えていきます。

 

こう考えると、対策するのと対策しないのとでは、見た目の印象がかなり変わってくることが、わかると思います。

 

それにシミはしわと同じくらい見た目に関わってきますから、キレイにしておきたいですよね!正しい方法で、シミに対策していっちゃいましょう!

⇒おすすめのしみに使うべき美白化粧品はこちらです。

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ  

2015年3月10日 皆が知らない、ガンコなしみを最短で消す方法 はコメントを受け付けていません。 しみ