SPFとは?意外と知らないSPFの3つの真実

日焼け止めやファンデーションには、SPFという表記があります。もしかしたら、あなたはこれを「紫外線をどのくらいブロック」できるのか、と捕えているかもしれません。

 

が、SPFにはもう少し深い意味があるんです。だから「どのくらいブロックできるのか」みたいな理解だと、日焼け止めの使い方を間違えて、効果をなくしてしまう恐れがあります!

 

ここでは知っているようでよく知らないSPFについて詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、あなたの美白に生かしてください!

peco1

 

SPFとは?
SPFは、サンバーン(日焼けして肌が赤くなること)が起こるまでの時間を引き延ばすものです。何の 準備もしていない場合、人間の肌は約20分でサンバーンを起こすと、各種専門誌などで言われています。

SPFは、この時間を数倍にすることができます。たとえばSPF10なら20分×10=200分、SPF20なら20分× 20=400分といったように、サンバーンが起こるまでの時間を大幅に伸ばすことができるのです。

塗る量が少ないと、効果が激減する。

海やプールに行ったとき、日焼け止めを塗っている女性を見ていつも思います。「あんな量じゃぜんぜん意味ないよなー・・・。」と。

 

日焼け止めって、多くの人が思っているよりも、ずっと多くの量を塗る必要があるのです。とある専門書では、1cm2(たて1cm、よこ1cmの正方形)につき、2mgの日焼け止めが必要と記されています。

 

これはどのくらいの量かというと、手のひらに日焼け止めを載せて、500円玉の大きさくらいになる量です。

 

ところが多くの方は、手のひらにちょっと出して全身に塗っていたり、指の上にほんのちょっと出して、顔全面に塗っていたりします。

 

コスパは良いかもしれませんが、これでは量が少なすぎて、日焼け止めがきちんと効果を発揮できません。

 

塗る量が本来の半分だった場合、どのくらい効果が落ちるのかといいますと・・・半分程度ではすみません。日焼け止め効果が1/4にまで落ちるとよく言われています。

 

ということは、もし1/4の量しか塗っていなかった場合には??効果は1/16にまで落ち込んでしまうのです。

 

よくあるSPF30日焼け止めが、SPF1くらいにまで落ち込んでしまうわけ。日焼け止めを塗ったはずが、塗ってない場合とほとんど変わらなくなっているわですから、これってとんでもない損ですよね。。。

 

「ちゃんと日焼け止め塗ってたのに・・・。シミだらけになったんだけど・・・。」という女性がよくいらっしゃるのも納得です><

SPFは紫外線を完全カットするという意味ではない!

SPFの意味をもう一度確認してみましょう!SPFはサンバーン(皮膚が赤くなること)になるまでの時間を●倍に引き伸ばすものです。

 

人間の肌がサンバーンを起こすには約20分かかるので、SPF10なら、20分×10で200分、SPF30なら20分×30で600分といったように・・・。

 

「じゃあ大丈夫じゃん!」と思われるかもしれませんが、「サンバーンになるまでの時間を遅らせる」というところがミソです。

 

紫外線を完全ブロックして、シミを一切つくらないという意味ではない
のですね・・・。

 

ブロックできているように見えても、少しずつ紫外線を蓄積して、シミを作るための準備がされているのです。同じように、紫外線がお肌のコラーゲンを破壊して、シワやたるみの原因になることだってあります。

 

だから紫外線対策は絶対必要ですが、それ以前に紫外線をなるべく浴びないように
するという努力が必要です。

シミは貯金箱構造で作られる!
シミは、メラノサイトというシミ製造工場が、紫外線を溜め込んでつくるも のです。だからほんの少しの紫外線だとしても、貯金箱にどんどん溜まっていきます。そしてチリが積もって貯金 箱が満杯になったとき、お肌にメラニン色素が、つまりシミが排出されるのです。だから十分に紫外線をブロック していたとしても、多少のシミができるのは仕方がないことです。

SPF15以上は、効果がほとんど変わらない!?

意外に思うかもしれませんが、紫外線ブロック効果自体はSPF15も30も50も大して変わりません。専門書によると、SPF15での紫外線遮蔽率(ブロック率)は94%、SPF30での紫外線遮蔽率(ブロック率)は97%だ そうです。

 

97と94とでは、大して変わりませんよね。もちろん97%は3パーセントの紫外線を通し、94%は6パーセントの紫外線を通すわけですから、3と6で、通す紫外線の量が倍になると考えるかたもいらっしゃるでしょう。

 

が、紫外線の量自体はどちらも大差ない、極小の量です。だから「紫外線を少しでも防ぎたい!」という方を除いては、SPF15以上なら、どのくらいの時間サンバーンを防げるか?を考えて選ぶのが良いということになります。

 

でも、もしあなたが「徹底的に紫外線を防御していつまでもキレイでありたい!」という意識の高い女性ならば、迷いなくSPF50をおススメします。ただSPF50のものは、刺激が高いものが多いので要注意。

 

日焼けは防げても、肌荒れになってしまいました。なんてトラブルがとても多いです。そこでこのサイトでは、低刺激かつSPF50の日焼け止めの中で、私自身が使ってみて、「これは良い!」と思ったものをご紹介しています。

 

こちらの記事で紹介しているので、確認してみてください。
おススメの日焼け止め

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ