セラミドを守る4つのポイント

セラミドとは、お肌にもともと備わっている、超高性能な保湿成分のことです。どのくらい高性能なのかというと、このくらいです。

 

セラミド>ヒアルロン酸>コラーゲン>オイル
※濃度が十分なものに限る。

このように、世に出回っている化粧品の中で、もっとも保湿力が高い保湿成分なのです。そしてそんな高性能な保湿成分が、お肌にもともと備わっているです。だったらセラミドをどうにかして守って、強力&無料の保湿をしたいですよね。

 

そこで、この記事ではセラミドを守る4つの方法をまとめました。保湿はスキンケアの基本、キレイの基本ですから、是非とも実践してみてください。

セラミドの保湿力のワケ!
セラミドはセラミド同士で、洗濯ばさみのように水をガッシリと挟み込みます。だからセラミドが十分であれば、たとえ乾燥のひどい砂漠に行ったとしても、お肌は潤いを失いません。そんなセラミドですから、持続力もピカイチ。朝セラミドを補給すれば、お風呂に入るまでお肌の潤いを保てます。
peco1

クレンジングをしすぎない。

クレンジングには、メイクを落とすための「界面活性剤」というものが、たくさん含まれています。界面活性剤というのは、油が水で浮きやすくなるようにするもの。台所用の洗剤などにも、たくさん含まれています。

 

なんでそんなものが含まれているのかというと、メイクは油性だからです。汗などで落ちにくいようにするためですね。メイクをしっかり残す工夫が、落ちにくさに繋がってしまっているのです。

 

だからクレンジングしないわけにはいきませんが、セラミドを落とし過ぎないように、短時間で済ませるようにしたいところ。

 

目安としては、30秒でクレンジングを終了するのが理想的。また短時間で終わらせるために強力なものを使うのではなく、低刺激なクレンジングを使うことも重要です。

 

たとえば、オイルタイプやリキッドタイプは強力なので、避けるようにしてください。(当サイト推奨のクレンジングは、おすすめのクレンジングで紹介しています。)

 

勘違いしないで!石鹸はOK!
クレンジングを使いすぎないようにね!とお伝えするとよく勘違いする方がいらっしゃるので一応書いておきます。クレンジングは短時間で済ませるべきですが、石鹸での洗顔は、普通にしっかり洗ってもらって大丈夫です。なぜかというと、普通の固形石鹸には界面活性剤が入っていないからです。セラミドをそんなには落とさないで済みます。(ただ液体タイプのボディーソープなどは、入っていることが多いので注意!)

睡眠をしっかりとる

セラミドは、お肌のターンオーバーの途中で作られます。ターンオーバーというのは、お肌の生まれ変わりのこと。

 

そしてターンオーバーは、人間の脳が寝ている睡眠中に起こりやすくなるので、セラミドを維持したいのなら、しっかり眠ってあげるべきです。

 

目安としては、1日最低でも6時間。とはいえ布団に入ってすぐ眠れるわけではないので、睡眠のために7時間とっておくと良いです。

 

睡眠を十分取れるようになったら、毎日同じ時間に眠るようにしましょう。そうすることで身体に「このタイミングは眠る時間だ!」と教え込むことができるので、ターンオーバーをさらに活発にできます。

 

睡眠は本当に重要なので、説明を聞きに来てくれたお客さんには、「あなたとあなたのお友達とで、肌のキレイさで差がつきやすいのは、睡眠!」と、ご説明しています。

 

他の女性と差をつけたいのなら、睡眠はしっかりとっておくべきです。

睡眠のコツを紹介

吹き出し見出し
ターンオーバーは28日周期で起こる!ターンオーバーは一晩でお肌がキレイになるというわけではなく、28日かけてじっくりと成長していきます。とある日に新しいお肌の細胞が生まれたのなら、その28日後に角質となって落ちていくのです。

保湿美容液でセラミドを増やす

「セラミドは自然に作られるのだから、わざわざ化粧品で足し与える必要はないのでは?」そう疑問に思うかたがよくいらっしゃいます。でも、自然のセラミドだけではなかなか難しくなってくるのです。

 

なぜなら、歳をとるごとにターンオーバーは衰えてくるからです。30代前半までは28日周期だったのが、30日周期、31日周期、とどんどん周期が長くなっていきます。

 

すると新しいセラミドができるスピードは遅くなりますから、結果として肌が乾燥しやすくなるわけです。よく歳をとると、お肌が乾燥しやすくなるっていいませんか?それはターンオーバーが衰えているからなのです。

 

(ちなみにターンオーバーがの周期が長くなると、それだけ長期滞在して汚れたお肌が、肌としていつづけることになります。)

 

だからある程度歳をとったら、美容液などでセラミドを足してあげるのが必須となってくるのです。当サイト推奨のセラミド保湿化粧品はおすすめ保湿化粧品でご紹介しています。

 

ちなみに、アトピーの人などはセラミドの量が健康な人の1/3くらいしかないので、足してあげるのが必須になってきます。

飲むセラミドを使わない

コラーゲンと同様、たべたところでお肌で活躍しません。消化されて、分解されるだけです。

とはいえ、加齢にはさからえない・・・。

どんなにセラミドを守ろうと努力をしても、歳をとればセラミドは減っていきます。だからセラミドを外から与えてあげることが絶対必要になるのです。そこで、今一番おすすめしているのが、私も愛用しているアヤナスです。

 

アヤナスはセラミドのおかげで圧倒的な保湿力があるのはもちろん。肌のハリを取り戻す効果まで期待できるんです。歳をとるほど目立ってくる乾燥やしわの対策が両方できちゃうということもあって、とても人気の化粧品です。

 

今ある保湿化粧品の中で一番の品なので、興味がある方はぜひ検討してみてください。こちらの記事でまとめているので、参考にしてください。

アヤナスのレビューはこちら

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ  

2015年2月4日 セラミドを守る4つのポイント はコメントを受け付けていません。 乾燥・肌荒れ