クレンジング剤の選び方。お肌に良いのはどれ?

あなたは、クレンジング剤を選ぶときに、
なんとなく、これがいいかなー♪
なんて理由で選んではいませんか?

 

人に見せないものだからつい選び方を疎かにしがちだけど、

クレンジング剤もピンキリですし、いろいろと種類があります。

 

そんなクレンジング剤ですが、選び方を間違えると

肌あれや赤ら顔の原因になりますし、肌老化がすすむこともあります><

 

なので、クレンジング剤選びには注意が必要です!

どんなクレンジング剤が良いのか知ることで、

あなたのキレイをもっと追い求めてみましょう^^!

クレンジング剤とは?

クレンジング剤とは、メイクを浮かせる油分と、
それを水に流す「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」というものを配合したものです。

 

界面活性剤は、メイクの油を水に溶かすために絶対必要なものですが、一方で刺激が強いため、界面活性剤の濃度が高いものをたくさん使うと、お肌がダメージを受けますし、肌に必要な皮脂まで落とし過ぎることもあります><

 

とはいえ、化粧を落とすためには使わざるを得ないですから、しっかりとクレンジングでき、それでいて刺激が少ない物を選びたいところです!

界面活性剤

本来なら混ざり合わない油と水の仲立ちをして、この2つを混ざりやすくするもの。洗剤などにも入っていて、汚れを落とすのに大活躍します。

 

ただし使いすぎると肌の潤いを奪ったり、ダメージを与えたりするので、
扱いにはやや注意が必要。

ちなみに化粧品を選ぶときに「防腐剤不使用」を好む人がいますが、防腐剤がよくないのは、防腐剤アレルギーを持っている人くらいで、多くの人にとって防腐剤はわるくありません。

 

防腐剤よりも、界面活性剤のほうが圧倒的に刺激が強く、
肌に悪影響を与えます。

クレンジングの種類と選び方

クレンジングにもいろいろありますが、手軽さや安さでなんとなく選んではいませんか?
安さや落ちやすさは確かに大事ですが、肌への負担もとっても大事です。

クリームタイプや乳化ジェルタイプがお肌に優しい

クレンジングは界面活性剤のせいで、効果が強いほど刺激も強くなってしまうもの。

 

でもクリームタイプや乳化ジェルタイプのクレンジング剤は刺激が適度で、それでいてしっかりとした洗浄力があります。

 

乳化ジェルタイプは、透明ではなく乳化していて白いものなので、間違えないようにしてください。

オイルタイプ・リキッドタイプのクレンジング剤は肌への負担が強すぎる

オイルタイプやリキッドタイプは、洗浄力がとても強いですが、一方で界面活性剤がものすごく多く、使うと肌が痛みます。

 

なのでこれを使うのは、特殊メイクのときくらいでいいかもしれません。

 

もしかしたら「汗をかいた時なんかはちょうどいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、そういうのは洗顔料の役目です。

 

洗顔料で十分落ちるため、わざわざ肌への負担が大きいクレンジングで
落とす必要はありません。

 

洗浄力が強いから丁度良いと思って
安易にオイルタイプのクレンジングを選んでしまいがちですが、
そのぶん負担がとても大きいので注意してください。

拭き取るタイプは摩擦による肌への負担がある。

拭き取るタイプのクレンジングは、肌への負担がかかりやすいです。
「拭く」ということは、摩擦によってお肌に小さな傷がつきます。

 

その小さな傷で肌のバリア機能が失われ、乾燥肌になってり、
摩擦で赤ら顔になったりするので、要注意!

 

拭くタイプだけは、どんな場合でも使わないほうがいいです。

ミルクタイプのクレンジングは、メイク料との馴染みが悪い

ミルクタイプは肌に優しいイメージがあって、こちらも人気ですが、
水気が多いためにメイク料との馴染みがよくありません><

 

馴染みがよくないので、メイクを落とすためにこすらなければならず、
結果的に摩擦でお肌を傷めてしまう場合もあるようです。

 

かなりの薄化粧のときはミルクタイプでもいいですが、ファンデーションを塗ったときは、洗浄力が確実に足りないでしょう。
(ファンデーションは落とすのが難しい><)

泡タイプのクレンジング剤は、界面活性剤が多い

泡タイプはお手軽ですし、泡ということで柔らかいイメージで良い気がすると思います。ですが、泡は水を含んでいるため、本来ならメイク料との馴染みが悪くなるはずなのです。

 

それなのにメイク料がしっかり落ちるという事は、
それだけ多くの界面活性剤を使っているということなので、
肌を守るためにも避けたほうが無難です。

結局どのクレンジングがいいの?

お肌にとって一番いいのは、適度な洗浄力がありながらも刺激が弱めのクリームタイプのクレンジング剤か、乳化ジェルタイプのクレンジング剤です。

おススメのクレンジング剤

当サイトがおすすめしているクレンジング剤は、次のページでご紹介しています。しっかり落ちながらも低刺激なものに厳選していますので、ぜひ使ってみてくださいね!特に市販のものしか使ったことがない人は、違いがはっきりとわかると思います。

⇒おすすめのクレンジング剤はこちら

「クレンジング剤はいらない」は嘘

たまに「クレンジング剤はいらない!石鹸で十分!」
なんていうワイルドな女性がいますが、石鹸だけでメイク料を落とすのは困難です。

最近のメイク料は、汗や水に強く、とっても崩れにくくなっているので、洗顔料だけで落とすのは難しいのです。

 

なのでずっとクレンジング剤を使っていないと、化粧の油分がお肌にいつまでも残って、肌あれの原因になるので注意してください。

 

それに残ったメイク料の油分が活性酸素を出して、肌を老化させてしまいます。
きちんとクレンジングするようにしましょう。

まとめ

この記事では、

  • クレンジングの選び方1つでお肌の健康が変わってくる
  • お肌に良いのはクリームタイプのクレンジング剤と、乳化ジェルタイプのクレンジング剤
  • その他のクレンジング剤はお肌に悪影響を与えやすい
  • クレンジング剤は絶対必要。

ということを紹介しました。

クレンジング剤は、数あるスキンケアアイテムのなかでも、特に肌を傷めやすいものです。
ですので美しいお肌のためにも、易しいクレンジング剤を選んであげると良いでしょう。

あなたお肌トラブルを簡単に解決してキレイになろう!

お肌のトラブルをそのままにしておくのは勿体ないです!諦めて放置するよりも、出来る限りの対策をしてみませんか?

お肌トラブルはそのままにしていると、時間が経てば経つほど悪化していくものです。

それに「なんとなく」ではない「正しい対策」をすることで、案外簡単に解決してしまうことも多いですよ!
>>お肌のトラブル別対策まとめ

期間限定:インフォBOOKを無料でプレゼント中!

間違ったスキンケアでお金と時間を無駄にするのではなく、正しい方法を知って適切なケアを行っていきましょう。それが一番の美への近道です。もちろん早く始めるに越したことはありませんが、もう遅いなんてことはありません。今からでも改善は可能です。
※無料メルマガのスタートを記念して、今なら登録していただいた方にインフォブックを無料でプレゼントしています。 ぜひともインフォブックを無料で手に入れて、お得なメルマガも受け取ってください。
>メルマガは下の画像をクリック!


にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ  

2014年9月22日 クレンジング剤の選び方。お肌に良いのはどれ? はコメントを受け付けていません。 クレンジング